top of page
  • owotubist

上越 武尊山 会山行 2023.3.14

コースタイム 川場スキー場トップ10:28 ---剣ヶ峰山11:00---武尊山山頂12:56/13:07---

---剣ヶ峰山14:21 ---川場スキー場トップ14:56 雪山シーズンのリーダーは久しぶりなので、せっかくなら自分が行きたいところにしたい!と、前からずっと狙っていた、川場スキー場からの上州武尊山登山に決めました。川場スキー場はリフトを使わせて貰える分、料金もかかるし決まり事も多いことで有名です。

事前に調べてわかってはいたものの、実際に受付したら、なんと30分以上もかかってしまいました。ココヘリも必須のため、持っている人は番号を伝え、持っていない人はレンタルになります。これは事前予約していたのですが、結局登山計画書を別で出さないといけず、かなり細かいため書くのにてんてこ舞い。安全のためとはいえ受付する側も大変でしょうが、不備があってもその場で確認して下さるので、親切だなーと思いました。


とりあえず、時間はかかったものの無事にリフト券を購入、リフトに乗り込みほっと一息。スキー場トップからすぐに急登が始まるので、アイゼンと使う人はピッケルを出して、いざ出発!雪はしまっていて歩きやすく、しかし結構な斜度のためすぐに息が上がります。それでも私にとってはピッケルと12 本爪アイゼンを使うのは今シーズン初なので、久々の感覚に胸が踊っていました。天気も良く景色

が綺麗で、前日少し降ったからか樹氷も出来ていて条件最高!剣ヶ峰山までは30 分ほどで到着しますが、そこの下りが結構急な上、両脇が切れ落ちていたため、念の為ロープを出して不安な人は手すり替わりにして下りました。そこからは小さなアップダウンを繰り返すものの、危険箇所は無くひたすら山頂目指して歩くのみ。山頂までの最後の上りはキツかったものの、上からの眺めは最高で、ほぼ雲も見えず、遠くまで綺麗に見渡せます。

ただ、流石に山頂は少し風があり、リフトの時間も心配だったため少し写真を撮ったらすぐに下山!山頂には10分ほどの滞在となりました。








下りは気温が上がり少し雪が腐ってきていたため、アイゼンが効かず歩きづらいところも多く、慎重に下っていきます。時々脇の斜面にスキーのシュプールが見え、今日は気持ち良いだろうなーと羨ましく思いました。ただ、結構な斜度に見えるので、ここでBC が出来るようになるには結構な練習が必要でしょう。順調に歩き、剣ヶ峰山直下のロープを出したところも登りはなんてこと無く、あっさり通過してあっという間にスキー場トップへ着きました。

ケガもトラブルもなく、無事に終わって一安心でした。スキー場トップからは、5 人はリフト、2 人はスキーで降りるため一旦別行動し、下で合流することに。

下りのリフトは速く快適で、でも降りる時がちょっと怖かったです。川場スキー場から武尊山のコースは人気の山だけあり、今回かなりの登山者とすれ違いました。中でも驚いたのは、86 歳のおじいさんが、ソロで、しかも軽アイゼン+ストックで来ていたこと!私たちのパーティとは常に抜きつ抜かれつ、それでもペースを落とすことなく、難所もなんてこと無く歩くので、凄い方もいるものだと感銘を受けました。憧れの上州武尊山、思っていた以上に景色良く楽しめる山で、皆さんとご一緒出来て本当に良かったです!色々とご協力ありがとうございました!




閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page