• owotubist

奥秩父 丹波川本流 2021.8.10

駐車場 10:15---犬戻り〜坊主淵 10:37/10:48---3m滝手前の河原 11:27/12:12 ーーー三条新橋下(装備解除)12:40/12:58 ーーー駐車場 13:05

1 年ぶりの会山行リーダーでした。 8 月に行くなら今しか出来ない泳ぎの沢しかないだろうということで、丹波川本流でがっつり水に浸かりたい と計画しました。丹波川本流は 2017 年 8 月に 1 度行ったことがあり、水流が強くなかなか突破出来ないとこ ろもありましたが、泳ぎ沢の魅力がたくさん詰まったとても楽しい所だった記憶があったため、とても楽しみに していました。直前になって台風が近づき雨も降り、天気がどうなるか心配でしたが、火曜日だけは晴れマーク がついたので、増水も心配です。が、とりあえず決行することにしました。





やはりといえば良いのか、三条新橋 下から入渓すると以前来たときより水が濁っており、水量も多い気が···。嫌な予感がしつつ河原を歩いて上 流へ向かうと、やはり水が轟々流れておりかなり増水しているのがわかりました。ただ、以前会山行でやはり増水で撤退した事があると聞いていましたが、その時に撤退を判断したという滝まではあまり危ないところもなか ったはずなので、行ってから判断しようと思い、先に進みます。渡渉し、泳ぎつつ流されつつ、時に山内さんに 突破して頂きながら先に進むと、1 箇所どうしても流れに勝てず突破できないところが出てきました。ただ岩を へつって流れの弱いところに行けば突破出来ると、山内さんが先行して抜けて下さり、フローティングロープを 引っ張って下さいましたが、これが大変なことに。後藤さんが次に行こうとしたところ、へつりに失敗し急流に ドボン!浅い所まで流されるだけで済めば良かったのですが、ロープをハーネスに取り付けてしまっていた為、 一番流れの強いところで身動きが取れなくなってしまう事態に...。前にも進めず後ろにも戻れず、傍にいたメン バーで岩場に引っ張っても立ち上がれず、激流を正面から受けて息も絶え絶えの様子に焦りが募りますが、先に 行った山内さんが助けに来て下さり、足場を作って下さったお陰で何とかロープを外すことが出来ました。流石 の判断で、本当に助かりました。水の流れの恐ろしさを思い知りました。その後は皆無事に突破出来ました。





このすぐ上の滝が判断ポイントでしたが、落ち口が真っ白に泡立ち激流でとても先に進める状況ではなく、残念 ですがここで撤退となりました。下りは流されて行けばあっという間に入渓点に着くので、遊びながらわいわい と帰りました。 今回急流で苦戦した所は 2 箇所ありましたが、以前来た時はあっさり通過できてしまったので、水の量でコン ディションが違ってくるところも沢の魅力と思います。同時に水の力は一歩間違えると恐ろしいと、改めて実感 した山行になりました。皆様ありがとうございました!

閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示