• sanyukai

北アルプス 燕岳


北アルプスの燕岳に行ってきました。前日に穂高駅近くのビジネスホテルに前泊をしました。穂高駅に着くと、ムッと蒸し暑く、長野といえどこの時期は蒸し暑いのですね。。。宿のおじさんに「登山ですか?やっと明日は晴れるみたいで。こちらは昨日までずっと雨だったんですよ。」と言われ、明日に期待です!翌朝、5時ちょっと前に宿を出発、朝焼けの空がとても奇麗でした。バスで中房温泉まで行き、6時登山開始。燕岳は北アルプス入門の山と言われていますが、それでも標高差は1400mありますから、頑張らなくっちゃ!

登山道の合戦尾根は北アルプス3大急登と言われているようですが、第1ベンチ~富士見ベンチまではさほどきつくなく、順調に登っていけました。富士見ベンチからは岩場になり傾斜もきつくなり、足取りも重くなりましたが、雄大な山々の景色とたくさんのお花に励まされ、3時間10分で燕山荘に到着しました。

燕山荘に着く頃、天気が悪くなり、周りは真っ白で何も見えなくなってしまいました(>_<)とりあえず燕岳に向かいます。一応名物のイルカ岩とメガネ岩は写真に抑えました(^^ゞコマクサはもうほとんどが枯れ気味でしたが見れて満足(^^)頂上に到着しても真っ白で何も見えません!悲しい…霧が晴れる事を祈りつつ、お昼休憩。

お昼休憩後下山を開始すると、霧が晴れてきて景色が見え始めてきました!やったー(*^^)v目の前にどーんと山々が立ち並んでいます。こんな素晴らしい光景が広がっていたとは!山のスケールの大きさに感動しました。さすがアルプスの山!燕岳の稜線や燕山荘から続く表銀座縦走コースの稜線も素晴らしかったです。 しかし、槍などのちょっと遠くの山までは見ることができませんでした。それでもあの真っ白な光景からここまで見えたんだから満足です。また次回、表銀座を通るコースでリベンジしたいと思いました。

標高差1400m、7時間40分のコースを日帰りで行くのは体力的にちょっと心配でしたが、何とか行けて自信にもなりました。燕岳、とっても良い山でした。今年初の北アルプス、やっぱり北アルプスは良いな♪また来るぞ!

【コースタイム】 6:05登山口-6:30第1ベンチ-6:55第2ベンチ-7:25第3ベンチ-7:50富士見ベンチ-8:15合戦小屋-9:15燕山荘-10:00燕岳-10:30燕岳-11:00燕山荘-11:30合戦小屋-12:50中房温泉


1回の閲覧

​東京近郊の平日(ウィークデー)主に火曜日を中心に活動する山岳会です。
ハイキング、クライミング、バックカントリー、沢登り、など四季折々の山を楽しんでいます。
​まずは、お問合せ下さい。
  • icon
  • Facebook Classic