• sanyukai

南アルプス 甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳


【アクセス】車:高尾IC~諏訪IC~仙流荘P、 バス:仙流荘~北沢峠

【感想】とても良い二日間でした。誘ってくれたUさんありがとうございました。一日目は駐車場

到着が3時、バス乗換の為4時半に起床し、5時からバス待ちの列に並びました。そして一睡もできないまま北沢峠に着き直ぐにテント設営。そして直ぐ出発することになりました。 歩き始めて直ぐにいつもと体調が違う事に気付きました。高山病ではないと思うのですが、息は上がるし胸は苦しくなるし…みんなに顔色が悪いと言われました。途中の駒津峰で私だけ下山しようかと思いましたが、行ける所まで行ってみる事にしました。今までで一番の苦行。山頂に近付くとガスも湧き始めました。比較的晴れ女の私は、真っ白な道を歩くのに慣れていなくてとても怖かったです。Uさんの「北アルプスではこんなこと良くあるよ」の一言に勇気をもらい、なんとか進む事ができました。もうヘトヘトニなりながらあるいていると下山してくる人が「雷鳥がいるよ」と教えてくれてまた元気が出ました。そして、登頂!ご褒美の雷鳥家族にも会えました。天候も日没も心配だったので10分ほどで下山開始。そこからの道は拷問の様に長かったです。

なんとか日没前に北沢峠に着き、そこからは楽しい山ごはん。満天の星空も最高でした。翌日3時起き、4時出発の為、8時にはテントに入り寝ました。私は絶不調だったので女王に逢いに行くのは諦め、少し遅れで一人小仙丈ヶ岳目指し歩き始めました。貸切の山道も気持ち良かったです。ところが、しばらく歩いたその先で不気味な唸り声!?恐ろしくなってフリーズしてしまい、小動物のようにスタコラサッサと下山してしまいました。。熊鈴つけてれば良かった…。仙丈ヶ岳は次回リベンジです。戻ってきたみんなの嬉しそうな顔が羨ましかったです。


0回の閲覧

​東京近郊の平日(ウィークデー)主に火曜日を中心に活動する山岳会です。
ハイキング、クライミング、バックカントリー、沢登り、など四季折々の山を楽しんでいます。
​まずは、お問合せ下さい。
  • icon
  • Facebook Classic