top of page
  • 執筆者の写真sanyukai

群馬 子持山 会山行


初めてのリーダー、何をしてよいやら右も左もわからぬまま進み、わからないことは新倉会長に全部聞き、サポートして頂き、無事、16名の子持山山行を終えほっとしております。行ってみたかった子持山。当初は11月のリーダー担当で、子持山は9-11月はスズメバチが多いと本に載っており、ハチが多いのはやだなと、子持山は辞めようと思っていました。しかし、運よく牧田さんから12月とリーダーを変わってほしいとの依頼があり、12月ならばハチも大丈夫だろう!と子持山にしました。浅間山に寄らない周遊コースだとコースタイムは3時間45分。4時間かからないコースなんて、会の皆さんには物足りなくて申し訳ないと思い、浅間山をくっつけて、約5時間のコースにしました。結果、ちょっとスリルある岩場やバリルート並みの下山道を通ったりと変化に富んだコースとなり、良かったと思っています。当日は、風もないさわやかな青空の元、屏風岩ではちょっとスリルのある岩場歩きを体験でき、獅子岩では360℃の大展望を楽しみ、子持山山頂では真っ白になった谷川岳や北アルプスの槍まで見えて、その素晴らしい展望に感動しました。

本には、子持山は面白さがぎゅっと詰まった山、と書いてあり、まさにその通りでとても楽しい山歩きでした!色々アドバイス頂いた新倉会長をはじめ、運転して下さった方々、参加して下さった皆様、ありがとうございました。皆さんも今回の子持山を楽しんで頂けたなら幸いです。






閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

秩父 立処山 会山行 2023.12.12

12月リーダーに空きが出たので藪岩魂で以前から気になっていた立処山を計画した。 数日前まで天気予報はまぁまぁの雨量で、雨に濡れたくないわたしはリーダー交替の算段をしていたが、祈りが通じたのか当日は青空も出て絶好のハイキング日和となった。 恐竜の足跡駐車場に車を駐めて、時計回りで周回する。 山と高原地図では破線ルートとなっているが、道は明瞭で歩きやすい。 オバンド峠から908m ピークへ向かう尾根に

那須 高原山 会山行 2023.8.8

久々にリーダー山行、自分がお試しをする会山行が台風で中止になったお山を選んで行って来ました。色々反省点の多い山行になって参加して頂いた方々には大変ご迷惑をお掛けしてしまいました。時間が足りず、釈迦ヶ岳に行けなかったのが心残り。ヒルも想定外でした。 一人では中々行かない所に行けたのは良かったのかなと思いましたし、あまり人が入っていないので静かな山登りが出来たのは良かったのかなと思いました。 道迷いも

bottom of page