top of page
  • 執筆者の写真sanyukai

札幌 藻岩山


スタート:14:00 山頂:15:15

天気がさらに悪化したため、

山頂からはロープウェイで下山。

ロープウェイを使ったのは40年ぶり。

藻岩山は、札幌のすぐそばにある、札幌市民に人気の山である。私は高校を卒業するまで札幌に住んでいたため、小さいときから数えると100回以上は登っていると思う。標高531mで、高尾山(599m)より少し低い山であるが、原生林が生い茂る登山道を歩き、自然の中を歩いたという気分になれる。山頂からは360度の景色が見られ、180度は札幌市内を眼下に見ることができ、残りの180度は1000m級の山々を見ることができる。

また、三浦雄一郎が、65歳の運動不足だったときに、途中でバテて登れなかった山としても有名である。これを契機にトレーニングを再開し、70歳のときに初めてエベレストに登っている。

登山道は、慈啓会病院コース(2.9km)、旭山記念公園コース(4.0km)、藻岩山スキー場コース(2.5km)、小林峠コース(4.5km)、北の沢コース(2.4km)の5つがあり、積雪期には登山道ではないが、急斜面を登る直登コースもある。今回は、一番人気の慈啓会病院コースを登った。

ところで、札幌には9月5日から8日まで滞在したが、天気の悪い日が多く、この日も雨の中を登った。いつもなら積雪期を含めて、このコースでは10人以上の登山者とすれ違うが、天気が悪かったせいで2人組のパーティーとしか出会わなかった。こんなに少なかったのは初めてである。

雨の中、湿度は90%以上あり、気温も30度近くあったため、サウナの中を登ったように汗まみれになり、バテるのも早かった。普段であればノンストップで1時間以内に登れるが、1時間15分もかかってしまった。山頂では360度の景色は見られなかったが、時折ガスが晴れて札幌市内の風景を見ることができた。

やはりこの山は、積雪期に登った方が景色がよく、登り応えもある。来年2月頃、また札幌に帰る予定だが、そのときは直登ルートをラッセルしながら登り、アップダウンのある旭山記念公園コースで下りてきたいと思っている


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

秩父 立処山 会山行 2023.12.12

12月リーダーに空きが出たので藪岩魂で以前から気になっていた立処山を計画した。 数日前まで天気予報はまぁまぁの雨量で、雨に濡れたくないわたしはリーダー交替の算段をしていたが、祈りが通じたのか当日は青空も出て絶好のハイキング日和となった。 恐竜の足跡駐車場に車を駐めて、時計回りで周回する。 山と高原地図では破線ルートとなっているが、道は明瞭で歩きやすい。 オバンド峠から908m ピークへ向かう尾根に

那須 高原山 会山行 2023.8.8

久々にリーダー山行、自分がお試しをする会山行が台風で中止になったお山を選んで行って来ました。色々反省点の多い山行になって参加して頂いた方々には大変ご迷惑をお掛けしてしまいました。時間が足りず、釈迦ヶ岳に行けなかったのが心残り。ヒルも想定外でした。 一人では中々行かない所に行けたのは良かったのかなと思いましたし、あまり人が入っていないので静かな山登りが出来たのは良かったのかなと思いました。 道迷いも

bottom of page