top of page
  • 執筆者の写真sanyukai

沢登り炸裂~!


6月の一ノ倉登攀から堰を切った様に(沢登りで堰堤は越えるものなんですが)7月に入ると沢登りしか行ってない日々が続いていました。

7月11日の会山行 白毛門沢は山の総合力を試される様な会心の一撃遡行でした。雪渓通過、ツメの岩稜帯、暑くて長い過酷な下山。しかし、沢登りをやっていて良かった!と思える様な記憶に残る印象的な遡行でした。(写真1枚目)

7月17日〜18日では奥秩父釜の沢から甲武信ヶ岳。この遡行はシビレました~。千畳のナメの美しい事。そこから奥秩父の名峰、甲武信ヶ岳にツメる。幕営装備で標高差1200mを超える遡行はヘトヘトでしたが、1週間前の白毛門沢のお陰で体力が付き行けたと思います。(写真2、3枚目)

7月25日は西丹沢 モロクボ沢に若手だけでチャレンジし到達目標地点にドンピシャにツメる事ができて達成感のある遡行でした。(写真4枚目)

7月27日は南秋川水系 熊倉沢東沢遡行〜西沢下降とういう超沢ヤっぽい「遡下降」というものに、これも若手だけでチャレンジしてきました。懸垂下降で降りる滝もナカナカ楽しかったです。(写真5枚目)

8月に入り、大黒茂谷に1泊で行ってきました。2日目は朝から雨だったので稜線には上がりませんでしたが、初の沢タープを張ってみてブルーシートの威力にビックリ!残念ながら焚き火は不発に終わってしまい焚き火の技術がまだだと反省。しかし、初チャレンジの発見と反省の遡行でとても充実した山行でした。(写真6、7、8枚目)


白毛門沢 雪渓


釜の沢 ナメ


甲武信ヶ岳に着いて嬉しい







閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大菩薩 葛野川 小金沢本谷 会山行 2023.8.8

今年も8 月のリーダーを担当することになりました。せっかくの暑い時期、大好きな泳ぎの沢に行きたい!と思い、知り合いに勧められた小金沢本谷に決めました。 実は会山行の2 週間前に会員外リーダーで下見に来ています。 とても美しい沢ということ、積極的に泳ぐと楽しめることを知っていたので、ライジャケ&ゴーグルを準備して臨みました。 心配だったのは天気。1 週間前くらいから天気予報が良くなく、ヤキモ

bottom of page