根子岳 バックカントリー


「スノーボードバックカントリー」 なんという、プロフェッショナルな響きなんでしょう。これに憧れ、昨年は今まで以上にゲレンデ練習に励み膝を痛くした。今年こそ!!という事で新倉さんにお願いして行ってきました。スキーうん十年?ぶりのMさんと、万年、中の下レベルのボーダーSでも滑れそうな場所を選んでいただきました。今回、根子岳ピストンとなったワケですが、初めてのバックカントリーは重いボード(5KG)とブーツ(2KG)を担ぎ、悶絶しながらのハイクアッ プだったの根子岳ピストンだけでお腹いっぱいにさせていただきました。山頂直下の膝上ラッセルやスノーモンスターとの遭遇、誰もいない所でのパウダースノー滑走。 また、新たなる扉を開けてしまいました。苦しい登りで息を切らし、やっと登ったかと思ったらシュプールを切って一気に滑り下りる。なんという、儚げな遊びなんだ・・・最高だ・・・ もっと、滑走練習をして上達し、重いボードを担げる体力を上げて、色々なバックカントリーを楽しみたい。




​東京近郊の平日(ウィークデー)主に火曜日を中心に活動する山岳会です。
ハイキング、クライミング、バックカントリー、沢登り、など四季折々の山を楽しんでいます。
​まずは、お問合せ下さい。
  • icon
  • Facebook Classic