top of page
  • 執筆者の写真sanyukai

北アルプス 白馬岳 2016.7.18~19


猿倉7:05---白馬尻小屋8:10/20---葱平10:20/35---避難小屋11:35(途中休憩20分位あり)---

---頂上宿舎小屋13:10---丸山13:35---白馬山荘13:55

直前まで天気予報が良くなくヤキモキしましたが、直前に良い予報に変わり、予定通り決行。猿倉から大雪渓を登り、白馬山荘まで行きました。

雪渓の雪は例年より1ヵ月早い状態で、かなり手前から空き道が出ていると教えてもらいました。

初めての大雪渓、傾斜がきつく、直登の登りがきつい。しかも落石がないか常に周りを気にしながら、緊張の登りが続きました。途中、降りてくる人から、今、上で落石があったので気を付けてと忠告を受けました。その場所に着くと、高さ1mはあろう四角い大きな石が転がっており、これがすごいスピードで転がってきたそうで、恐ろしかったです。さらに気を引き締め登ります。無事雪渓を登ること1時間半、あとはお花畑の中を進みました。色とりどりのお花が咲き乱れており、とても綺麗で、感激しました。背後には杓子岳が大きくそびえ、その圧巻の姿に大感動でした。


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

秩父 立処山 会山行 2023.12.12

12月リーダーに空きが出たので藪岩魂で以前から気になっていた立処山を計画した。 数日前まで天気予報はまぁまぁの雨量で、雨に濡れたくないわたしはリーダー交替の算段をしていたが、祈りが通じたのか当日は青空も出て絶好のハイキング日和となった。 恐竜の足跡駐車場に車を駐めて、時計回りで周回する。 山と高原地図では破線ルートとなっているが、道は明瞭で歩きやすい。 オバンド峠から908m ピークへ向かう尾根に

那須 高原山 会山行 2023.8.8

久々にリーダー山行、自分がお試しをする会山行が台風で中止になったお山を選んで行って来ました。色々反省点の多い山行になって参加して頂いた方々には大変ご迷惑をお掛けしてしまいました。時間が足りず、釈迦ヶ岳に行けなかったのが心残り。ヒルも想定外でした。 一人では中々行かない所に行けたのは良かったのかなと思いましたし、あまり人が入っていないので静かな山登りが出来たのは良かったのかなと思いました。 道迷いも

bottom of page