• sanyukai

東北 安達太良山 鳥川左俣 会山行


今回で2回目の会山行リーダーですが、安達太良山、というのは大分前から決めていました。福島にある百名山で東京からだとなかなか行けませんが、行ってしまえば初心者向き、行動時間も短めで沢も易しい沢があります。私は沢組で行くつもりでしたが、尾根も歩きたかったので、沢を詰めた後は山頂まで行く計画にしました。やはり気になるのは天気ですが、一週間くらい前からずっと曇の予報で、これなら景色は期待できなくても、何とか行けるかと思っていました。2日前くらいからは雨マークもつきましたが、どれも1~2mmの降水量の予報だったので、あまり心配せずに決行を決めました。

前日0:00に予定通り集合し、人数が少なかった事もあり車一台ですんなり出発し、3:30頃にあだたら高原野営場に到着しました。最初はほとんど雨は降っていなかったのですが、近付くにつれ段々と降りだし、二本松インターを出る頃には結構な雨量になっていました。キャンプ場も行ってはみたものの、テントを張るのも難しいくらいの雨で、駐車場に車を停めて車中で仮眠を取ることにしました。車中で軽く宴会をしながら翌日の相談をしますが、あまりに雨が強い様なら中止にして観光に切り換えようと、その時点で希望はほぼ捨てていました。ただ多少の雨ならロープウェイを使ってピストンで行けるか、とも考えていました。

数時間仮眠を取って出発予定時間に起きると殆ど雨は止んでいて、取り敢えずスキー場まで行ってみる事にしました。車内には行きたくな~い空気が流れていましたが。確かに道はぐちゃぐちゃで、いつまた降りだすかわからずで私もリーダーで無ければ中止を望むコンディションでしたが、リーダー権限で強行しようとしました。しかし、出発しようとした途端、狙ったようにまたザーザーと雨が…。結局その時点で中止を決めました。

その後は観光地に折角来たからと観光に切り換え、鶴ヶ城を見て、喜多方ラーメンを食べ、午後は雨が弱くなったので雄国沼を一周と、福島を満喫して帰りました。山は本当に残念でしたが、新鮮で楽しかったです!向こうでの観光費用として、一人1000円ずつプラスして支払いしています。いつか安達太良山リベンジしたいです!




0回の閲覧

​東京近郊の平日(ウィークデー)主に火曜日を中心に活動する山岳会です。
ハイキング、クライミング、バックカントリー、沢登り、など四季折々の山を楽しんでいます。
​まずは、お問合せ下さい。
  • icon
  • Facebook Classic