• sanyukai

鳥取県 大山北壁 弥山尾根




初日は元谷小屋まで1時間。時間が余ったので、2時間半程ラッセル登山をして過ごしました。

2日目朝6時過ぎに出発。午後から雨予報だったので、午前中に登り切りたい。

出発時はヘッデンなので空の様子は分からない。

弥山沢を登れば直線距離で取付きに行けるのだけど、雪崩の心配があるので、

別山尾根に取り付く尾根ルートでアプローチする。

取り付きに到着。雪は多い。1P目は、Yさんがそのまま登って行く。私もついて行く。

前日の先行者が1P目終了点と思われる地点で少し広めのスペースを作っていてくれたので

そこを利用して装備を付ける。ロープもここで繋いておく。

ただ、“2P目はコンテで登るから。”とおっしゃったので、それに従ってついて行く。

前日の先行者のおかげと、前夜雪が降らなかったおかげで、

9割トレースあり、無駄な体力を消耗することもルートファインディングする必要もありませんでした。

また、雪が多かったおかげで、岩と雪のMIXと言える箇所はほんの1部のみで、

有難いことに危険を感じる場面に1度も遭遇することなく、あれよ、あれよ、という間に弥山頂上に

ついてしまいました。装備装着地点から弥山頂上まで、1度も確保されることなく、

全てコンテで登れました。避難小屋でゆっくり時間を過ごした後、下山は夏道で。


​東京近郊の平日(ウィークデー)主に火曜日を中心に活動する山岳会です。
ハイキング、クライミング、バックカントリー、沢登り、など四季折々の山を楽しんでいます。
​まずは、お問合せ下さい。
  • icon
  • Facebook Classic